第54回 消費者行動研究コンファレンス
 

2017年5月20日(土)〜21日(日)慶應義塾大学三田キャンパスにて開催される第54回消費者行動研究コンファレンスでの自由論題の発表者を募集します。発表者のうち1名が学術会員であれば共同発表でも構いません。発表を希望される方は、期日までに以下の要領で事務局までお申し出下さい。

発表希望の方々は、下記の応募要領を確認の上、お申込みください。なお、論題や内容が本学会にそぐわないなどの理由によって、発表をお断りすることがありますのでご了承下さい。

【自由論題研究報告応募にあたって】

今回は「ショートセッション」「ロングセッション」の区分を廃止して一回の発表を約20分(Q&A含む)に統一いたしましたので、ご承知おきください。

 

 
【自由論題研究報告応募方法】

対象

・学術会員または学術学生会員
・共同報告の場合、報告者の1名が学術会員であれば可
(※申込時に非会員の場合でも、入会申請を提出すれば発表可能)
応募要領

<応募フォームより申込む場合>

下記フォームより、お申し込みください。

※ 事務局変更に伴い申し込み画面が変わっております


<e-mailで申込む場合>
応募フォームでの申し込みができない場合は、下記を明記の上、e-mailにてお申し込みください。申込みを確認後、折り返し確認のe-mailをお送りします。申し込み後、数日経過しても連絡がない場合は、お手数ですが事務局までお電話にて確認をお願いいたします。


●申込先:e-mail:jacs@asas.or.jp


●件名:「自由論題の報告希望」

1)発表タイトル
2)発表要旨(400字以内)
3)発表者全員の所属機関
4)発表者全員の氏名(ふりがな)
5)発表者の会員種別
6)代表者のe-mailアドレス

応募締切日 2017年3月10日(金)
備考 当日配布の「報告要旨集」に自由論題報告要旨を掲載しますので、要旨の提出をお願いしています。詳細は応募締切後、発表者に改めてご案内いたします。
なお応募後に報告タイトルを変更することはできません。
 
 
第54回 消費者行動研究コンファレンス
 

2017年5月20日(土)〜21日(日)慶應義塾大学三田キャンパスにて開催される第54回消費者行動研究コンファレンスでの「ラウンドテーブル」の企画者を募集します。企画者のうち1名が学術会員であれば共同発表でも構いません。発表を希望される方は、期日までに以下の要領で事務局までお申し出下さい。
発表希望の方々は、下記の応募要領を確認の上、お申込みください。なお、論題や内容が本学会にそぐわないなどの理由によって、発表をお断りすることがありますのでご了承下さい。

【ラウンドテーブルとは】
今回JACSで初めての試みですが、前回から始まりました「公募シンポジウム」の流れを引き継ぎ、より参加しやすいトークセッション的な試みです。

【概要】
基本的には、一つのテーマについて、冒頭で企画者が短いプレゼンテーションを行い、話題提供あるいは問題提起を行います。その後ゲストが1・2名話をする形式も可です。その後、参加した人が自由に議論を展開します。特にまとめも発表物も必要ありません。1セッションあたり20-30名くらいの参加を想定しています。
会場のキャパシティによって立ち見が出ることもありえます。できるだけ自由な雰囲気を尊重するのがこのラウンドテーブルの趣旨です。ACRでもこのラウンドテーブルが以前から実施されていますが、故人の研究者業績を振り返るセッションから神経心理学アプローチまでさまざまなセッションが企画されています。

 

[対象]

・学術会員または学術学生会員
・共同報告の場合、報告者の1名が学術会員であれば可
(※申込時に非会員の場合でも、入会申請を提出すれば発表可能)

[テーマ案]

(以下のテーマについてNext Waveを論じる)
1ソーシャルメディア
2マーケティングリサーチ
3消費者情報処理、
4ブランド&コミュニケーション
5研究方法論
6質的研究
7計量アプローチ

※上記は一例にすぎません。今回初めての試みですので教室のキャパシティの関係もあり提出いただいた案を事務局と委員が採択の判断をいたしますので、ご承知おきください。全体で5から7のセッションが開催を想定しています。

[応募要領]

下記1)〜6)を明記の上、e-mailにて申し込み下さい。

1)企画者の@氏名Aふりがな
2)企画者の@所属A肩書
3)企画者の連絡先@メールA電話番号
4)ラウンドテーブルのテーマあるいはタイトル
5)企画の概要(背景、狙い、構成、意図する成果)400字以内
6)ゲストを考えている場合はゲスト候補者名(まだ正式でなくてもよい)

●申込先
e-mail:jacs@asas.or.jp 

e-mailのタイトル:「ラウンドテーブル企画申し込み」
[応募締切] 2017年3月31日(金)
備考 もし同程度の内容であれば、早い申し込みを優先いたします。
企画を希望される方は、応募要領を確認の上、期日までにお申し込みください。
発表順などは事務局で調整させて頂きます。なお論題が本学会にそぐわない場合には、発表をお断りすることがありますのでご了承下さい。
 
 
第17回(2017年度)
 

受賞賞金 総額 50万円! 若手会員の皆様の応募をお待ちしております!

日本消費者行動研究学会では、若手研究者の研究支援ならびに学会の研究促進を目的としたJACS論文プロポーザル賞を設けています。本賞は、既に完了した研究ではなく、これから行われる研究に関するプロポーザルを評価対象とします。本賞には、過去に受賞(最優秀賞・優秀賞とも)履歴がなく、大学院修士在学中または修了後5年以内のJACS学術会員であれば、どなたでもご応募頂けます。

本賞は若手研究者の研究支援ならびに学会の研究促進を目的としますので、指導教官や研究室の他のメンバーなどの応募対象者以外の方は、研究協力者となります。また受賞者は受賞研究が完了次第、JACS学会誌『消費者行動研究』への投稿をお願い致します。

受賞賞金の総額は50万円(最優秀賞1点30万円、優秀賞2点10万円)です。応募された研究は、まず2017年春のコンファレンスにおける審査委員会で審議されます。 そして選出された研究について、2017年秋のコンファレンスで研究結果の報告が行われ、役員会にて最優秀賞1点、優秀賞2点が選ばれます。

第17回JACS論文プロポーザル賞へ応募を希望される方は、下記の要領に従い、e-mail にてお申込み下さい。多くの若手会員の方からの応募をお待ちしています。

 

[対象]

大学院修士在学中もしくは修了後5年以内の学術会員または学生学術会員

(注)過去に受賞(最優秀賞・優秀賞とも)された方は応募できません。

(注)本賞は若手研究者の研究支援ならびに学会の研究促進を目的としますので、指導教官や研究室の他のメンバーなどの応募対象者以外の方は研究協力者となります。

(注)受賞者は受賞研究が完了次第、JACS学会誌『消費者行動研究』への投稿にご協力ください。

[応募要領]

下記を明記の上、e-mailにてご応募ください。

●e-mailのタイトル:「JACS論文プロポーザル賞応募希望」

1) 研究タイトル
2) 研究概要(400字以内で、「研究の目的」「研究の方法」を明記)
3) 氏名
4) 所属
5) e-mailアドレス/日中連絡の取れる電話番号(携帯番号)

[宛先] 日本消費者行動研究学会 事務局
e-mail:jacs@asas.or.jp

※応募を確認後、事務局より折り返し確認のe-mailをお送りします。応募後、数日経過しても連絡がない場合は、事務局までお電話にてご確認ください。
[応募締切] 2017年3月31日(金) 2017年4月28日(金)
 
 
CLSG-TBS International Conference 2013 論文募集のご案内
 
学会名: CLSG-TBS International Conference 2013
開催時期: 2013年11月12日〜14日
開催場所: Bangkok, Thailand
応募について:

下記学会情報URLを参照の上、Registrationフォームを送信する。

*窓口はJACSではありませんので、ご注意ください。

申込期限: Submission of Paper: May 31, 2013
Notification of Acceptance:? June 30, 2013
Submission of Final Paper: July 31,2013
Early Bird Registration: by July 31, 2013
Conference Registration Closed: September 30, 2013
学会情報URL: http://www.cmmu.mahidol.ac.th/research/clsgbangkok2013/
 
Copyright(C) AllRight Reserved